• ホーム
  • クラミジア検査は匿名でも出来るのか

クラミジア検査は匿名でも出来るのか

落ち込んでいる男性

クラミジアは病原性微生物の一種であり、性器クラミジア感染症という病気をもたらすものとして知られています。
性器クラミジア感染症は、性行為を通じて感染するリスクがある、いわゆる性感染症の仲間です。
男性であれば尿道の炎症、排尿時の痛みなどが、女性であればおりものの増加、下腹部の痛みなどが、ごく初期の段階での症状としてあらわれるものです。
そのまま放置してしまった場合には、クラミジアが体内の深い部分で増殖をしてしまう可能性があるため、やはり抗生物質などで早めに治療をすべきものであるといえます。

とくに、女性の場合には身体的な構造上、はじめは子宮頚部から、ついで奥に入って子宮内膜炎や卵管炎といった病気に発展してしまう可能性をもっているため、特に気をつけなければならないものです。
そのいっぽうで、クラミジアに感染したとしても、まったく症状が出ないという人も少なくはなく、これは男女ともに同様のケースがみられるものです。

そこで、性感染症になるおそれがあるような行為をした場合には、クラミジアなどをしっかりと受けて、陽性になっていないかどうかを確認する必要があるのです。
クラミジア検査をするのは主として病院のような医療機関となりますが、この場合、健康保険証を提示することになるため、匿名で身分を明かさずに検査をするのはむずかしいといえます。
そこで、保健所などで実施している性感染症の検査のなかでは、匿名で受付をして、結果も匿名で知ることができるというものがありますので、こだわりがある場合は試してみるのがよいといえます。
ただし、保健所によっては、エイズ検査は実施しているものの、クラミジア検査はメニューに含まれていないという場合もあります。

関連記事