• ホーム
  • コンドーム使用で性行為しても症状?クラミジア検査を

コンドーム使用で性行為しても症状?クラミジア検査を

クラミジアは男性も女性も自覚症状が出にくく、検査をするまでは気付かないこともある性感染症です。
しかし男性側は尿道にかゆみを感じたり半透明の白い膿が少量出ることもあり、自覚症状がほとんどない女性に比べると比較的、クラミジアに感染したと気付くことが出来ます。
この症状に思い当たる節があったら、クラミジア検査を受けましょう。
コンドームを着用して性行為をしているから、クラミジアに感染することない、と思うかもしれません。
しかし、挿入直前にコンドームを着用したり性器を触った手でコンドームを着用すれば性器に感染することは完全に予防することが出来ませんし、クラミジアはオーラルセックスをすることで喉頭に感染させることもあります。
喉頭に感染した状態でキスをすれば再び相手に感染させてしまうので、コンドームの着用により100%予防できるかといえば、そうではないということが答えになるでしょう。

そしてクラミジア検査をしている間も含め、医師が完治だと言うまでは性行為をすることは絶対に止めましょう。
なぜならば症状が治まったから完治したというのは間違えだからです。
かゆみが治まり白い膿が出なくても、細菌が体内でおとなしくしているだけの可能性が高く、薬の服用を自己判断で止め性行為をすることで再び相手に感染させてしまう可能性もあります。
そのため医師による完治の判断が重要なポイントになるのです。

クラミジアは身近な性感染症の1つとされていますが、感染に気付きにくい厄介な感染症です。
放っておくことで男女とも不妊症の原因になることもあるので、注意が必要です。
性行為からだけでなく喉から喉への感染もあるため、コンドームを着用しているから感染しないと過信せずに、異変を感じたら検査をするようにしましょう。

関連記事