• ホーム
  • 発症による倦怠感などの症状とクラミジア検査

発症による倦怠感などの症状とクラミジア検査

異性との濃密な接触をともなう行為である性行為というのは、さまざまな細菌やウイルスの感染原因となりうるものといえます。
そのようななかでも、性器クラミジア感染症というのは、もっとも感染者数の多いものとされていますので、特有の症状がみられる場合には、まずはクラミジア検査を受けることがすすめられます。
性器クラミジア感染症というのは、文字通り、クラミジアという細菌の一種が性器から感染することによっておこるものです。

男性であれば、尿道から透明な分泌物が出たり、排尿時のかゆみや痛みなどがあるケースが多いといえます。
女性の場合には、ほとんど自覚症状がないという場合が多いようですが、発症した場合には、一般にはおりものが増え、性交痛や下腹部痛などがみられるというのが典型的なパターンです。
こうした場合には、病院にすみやかに行って、クラミジア検査を受けるべきです。
この検査はいくつか方法はあるものの、尿を採取してそのなかのクラミジアの核酸を分析するという方法であれば、患者のほうの負担も少なく、正確性も担保されるものです。

性器クラミジア感染症の治療には、抗生物質などの医薬品が投与されることが多く、この場合には定められた分量を服用すれば、ほどなく細菌は増殖できなくなりますので、症状も改善されます。
性器クラミジア感染症のように、局部になんらかの症状がみられる場合はよいとして、性感染症のなかには、発熱、倦怠感、食欲不振などといった、どちらかといえば全身的な症状としてあらわれるものがあります。
こうしたものには、エイズやウイルス性肝炎といった、かなり重大な病気がまじっている可能性がありますので、警戒をしておいたほうがよいといえます。

関連記事